第103回薬剤師国家試験

第103回薬剤師国家試験 問131

第103回薬剤師国家試験 問131

グルクロン酸抱合に関する記述のうち、正しいのはどれか。1つ選べ。

1 グルクロン酸抱合は解毒反応であり、未変化体に比べ活性が高い代謝物が生成されることはない
2 UDP–グルクロン酸転移酵素は小胞体膜に局在する。
3 グルクロン酸抱合はウリジン二リン酸–β–D–グルクロン酸を補酵素とする。
4 シトクロムP450とは異なり、UDP−グルクロン酸転移酵素に酵素誘導は起こらない。
5 胆汁中に排泄されたグルクロン酸抱合体は、小腸上皮細胞に発現しているβ−グルクロニダーゼによって加水分解された後、アグリコンが再吸収される。

 

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
2


解説
1 誤
グルクロン酸抱合により解毒される物質もあれば、未変化体に比べ活性が高い代謝物を生成する物質もある。
2 正
3 誤
グルクロン酸抱合はウリジン二リン酸−α−グルクロン酸を補酵素とする。
4 誤
シトクロムP450と同様に、UDP−グルクロン酸転移酵素にも酵素誘導が認められる。UDP−グルクロン酸転移酵素を誘導する薬物には、フェノバルビタールなどがある。
5 誤
胆汁中に排泄されたグルクロン酸抱合体は、腸内細菌が有するβ−グルクロニダーゼによって加水分解された後、アグリコンが再吸収される。

-第103回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.