第103回薬剤師国家試験

第103回薬剤師国家試験 問129

第103回薬剤師国家試験 問129

我が国における性感染症に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

1 新規HIV感染者の大半は男性であり、異性との性的接触によるものが最も多い。
2 2010年以降、性器クラミジア感染症の患者数は、性感染症の中で淋菌感染症に次いで多い。
3 2010年以降、梅毒の患者数が増加しているが、その治療には抗ウイルス薬ラミブジンが有効である。
4 B型肝炎ウイルスはキャリアとの性行為により感染するため、その予防にはコンドームの使用が有効である。
5 HIV感染症及び梅毒は、いずれも5類感染症の中で全数把握が必要な感染症である。

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
4、5


解説
1 誤
新規HIV感染者の大半は男性であり、同性との性的接触によるものが最も多い。
2 誤
2010年以降、性器クラミジア感染症の患者数は、性感染症の中で最も多い。
3 誤
2010年以降、梅毒の患者数は増加している。梅毒の病原体は、グラム陰性菌の梅毒トレポネーマであることから、梅毒の治療には、ベンジルペニシリン、エリスロマイシン等が用いられる。
4 正
B型肝炎ウイルスは、体液及び血液により感染する。よって、B型肝炎ウイルスはキャリアとの性行為により感染するため、その予防にはコンドームの使用が有効である。
5 正
5類感染症は、全数把握対象疾患と定点把握対象疾患に分類されており、HIV感染症及び梅毒は、いずれも5類感染症の中で全数把握が必要な感染症に分類されている。

-第103回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.