第103回薬剤師国家試験

第103回薬剤師国家試験 問117

第103回薬剤師国家試験 問117

結核菌に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

1 結核菌は、外毒素を菌体外へ分泌する。
2 結核菌の細胞壁には、ペプチドグリカンやミコール酸が存在する。
3 気道から侵入した結核菌は、肺で肺胞マクロファージに貪食され、そのマクロファージ内で増殖する。
4 結核菌感染の既往の有無を調べるためのツベルクリン反応は、典
型的なⅡ型アレルギーである。
5 結核予防に用いられる生ワクチンBCG株は、ヒト型結核菌の弱毒株である。

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
2、3


解説
1 誤
結核菌は、外毒素を産生及分泌しない。
2 正
結核菌は、ペプチドグリカンに脂肪酸であるミコール酸が多く結合した細胞壁を有する。
3 正

気道から侵入した結核菌の一部は、肺で肺胞マクロファージに貪食され、そのマクロファージ内で増殖することにより初期感染病巣を形成する。
4 誤
結核菌感染の既往の有無を調べるためのツベルクリン反応は、典型的なⅣ型アレルギーである。
5 誤
結核予防に用いられる生ワクチンBCG株は、ウシ型結核菌の弱毒株である。

-第103回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.