第102回薬剤師国家試験

第102回薬剤師国家試験 問326

第102回薬剤師国家試験 問326

輸液の調製依頼があった。生理食塩液、塩化カルシウム注射液(0.5 mol/L)、塩化カリウム液(1.0 mol/L)、50 w/v%ブドウ糖注射液及び注射用水を使って調製する時、必要量として適切な組合せはどれか。1つ選べ。塩化ナトリウム及びブドウ糖の式量は、それぞれ、58.5及び180とする。

以下の電解質を含む輸液を調製する。
Na  77 mEq
Ca2  3 mEq
K  20 mEq
Cl  100 mEq

浸透圧を300 mOsm/Lに調製し、総量を1 Lとする。

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
解なし


解説
①電解質濃度について考える。
各輸液に含まれる電解質は以下の通りである。
・生理食塩水:Na、Cl
・塩化カルシウム注射液:Ca2、Cl
・塩化カリウム液:K、Cl
・50 w/v%ブドウ糖注射液:電解質含まれていない
・注射用水:電解質含まれていない
上記より、Naは生理食塩水、Ca2は塩化カルシウム注射液、Kは塩化カリウム液によって調節する必要がある。
<Naの量を調節する>
生理食塩水1L中には154 mEqのNaが含まれていることから、77 mEqのNaを調節するために必要な生理食塩水の量(mL)を以下のように計算することができる。
154 mEq/L×生理食塩水の量=77 mEq     生理食塩水の量=500 mL
<Ca2の量を調節する>
0.5 mol/L塩化カルシウム注射液1L中には0.5 molのCa2が含まれていることから、0.5 mol/L塩化カルシウム注射液1L中に含まれているCa2のmEqを以下にように求めることができる。
0.5 mol×Ca2の電荷=0.5×2=1.0 Eq=1000 mEq
0.5 mol/L塩化カルシウム注射液1L中には1000 mEqのCa2が含まれていることから、3 mEqのCa2を調節するために必要な0.5 mol/L塩化カルシウム注射液の量(mL)を以下のように計算することができる。
1000 mEq/L×0.5 mol/L塩化カルシウム注射液の量=3 mEq
0.5 mol/L塩化カルシウム注射液の量=3 mL
<Kの量を調節する>
1.0 mol/L塩化カリウム液1L中には1.0 molのKが含まれていることから、1.0 mol/L塩化カリウム液1L中に含まれているKのmEqを以下にように求めることができる。
1.0 mol×Kの電荷=1.0×1=1.0 Eq=1000 mEq
1.0 mol/L塩化カリウム液1L中には1000 mEqのKが含まれていることから、20 mEqのKを調節するために必要な1.0 mol/L塩化カリウム液の量(mL)を以下のように計算することができる。
1000 mEq/L×1.0 mol/L塩化カリウム液の量=20 mEq
1.0 mol/L塩化カリウム液の量=20 mL

電解質濃度の観点から、選択肢5の内容が適切だと思われる。
②浸透圧について考える。
①の内容をもとに浸透圧を計算する。
<生理食塩水500 mL中のオスモルを計算する>
生理食塩水1L中には154 mmolのNa、Clが含まれていることから、生理食塩水500 mL中のオスモルを以下のように計算することができる。
Naのモル数+Clのモル数=154 mmol/L×500 mL+154 mmol/L×500 mL=154 mOsm
<0.5 mol/L塩化カルシウム注射液3 mL中のオスモルを計算する>
0.5 mol/L塩化カルシウム注射液1L中には0.5 molのCa2、1.0 molのClが含まれていることから、0.5 mol/L塩化カルシウム注射液3 mL中のオスモルを以下のように計算することができる。
Ca2のモル数+Clのモル数=0.5 mol/L×3 mL+1.0 mol/L×3 mL=4.5 mOsm
<1.0 mol/L塩化カリウム液20 mL中のオスモルを計算する>
1.0 mol/L塩化カリウム液1L中には1.0 molのK、Clが含まれていることから、1.0 mol/L塩化カリウム液20 mL中のオスモルを以下のように計算することができる。
Kのモル数+Clのモル数=1.0 mol/L×20 mL+1.0 mol/L×20 mL=40 mOsm
<50 w/v%ブドウ糖液50.9 mL中のオスモルを計算する>
50 w/v%ブドウ糖液1L中には500 gのブドウ糖が含まれていることから、50 w/v%ブドウ糖液1L中のブドウ糖のモル数を以下のように求めることができる。
500÷180(ブドウ糖の分子量)≒2.78 mol
50 w/v%ブドウ糖液1L中には2.78 molのブドウ糖が含まれていることから、50 w/v%ブドウ糖液50.9 mL中のブドウ糖のオスモルを以下のように求めることができる。
ブドウ糖のモル数=2.78 mol/L×50.9 mL=141 mOsm
これらのことから、①の内容に含まれるオスモルを以下にように計算することができる。
154 mOsm+4.5 mOsm+40 mOsm+141 mOsm=339.5 mOsm
よって、①の内容の浸透圧は339.5 mOsm/Lとなり、問題文の「浸透圧を300 mOsm/Lに調製し、総量を1 Lとする。」と一致しないため、本問題は「解なし」となったと考えられる。

-第102回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.