第102回薬剤師国家試験

第102回薬剤師国家試験 問212〜213

第102回薬剤師国家試験 問212〜213

70歳女性。下記の生薬を含む漢方エキス細粒(釣藤散)の処方箋を持って薬局に来局した。なお、処方量は常用量である。


問212 (実務)
この漢方処方から考えられる患者の症状又は疾患はどれか。2つ選べ。

 頭痛
 インフルエンザ
 高血圧
 アトピー性皮膚炎
 便秘

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
1、3


解説
釣藤散(チョウトウサン)の添付文書の「効能又は効果」には「慢性に続く頭痛で中年以降、または高血圧の傾向のあるもの」と記載されているため、この患者の症状又は疾患は、頭痛、高血圧であると考えられる。


問213 (物理・化学・生物)
釣藤散の構成生薬に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 チョウトウコウは、アルカロイドであるヒルスチンを含有する。
 セッコウは、天然の含水硫酸カルシウムである。
 ショウキョウは、辛味成分であるリモニンを含有する。
 ボウフウは、フラボノイドであるアコニチンを含有する。
 カンゾウは、ジテルペンサポニンであるグリチルリチン酸を含有する。

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
1、2


解説
1 正
チョウトウコウは、有効成分としてアルカロイドであるヒルスチンを含有する。
2 正
セッコウは、有効性分として天然の含水硫酸カルシウムを含有する。
3 誤
ショウキョウは、辛味成分であるジンゲノールを含有する。
4 誤
ボウフウは、クマリン誘導体(フラキシジンなど)を含有する。
5 誤
カンゾウは、トリテルペンサポニンであるグリチルリチン酸を含有する。

-第102回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.