第102回薬剤師国家試験

第102回薬剤師国家試験 問167

第102回薬剤師国家試験 問167

薬物とその活性代謝物の組合せとして、誤っているのはどれか。1つ選べ。

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
3


解説
1 正しい
イミプラミンは、主にCYP2C19及び一部のCYP1A2によりN−脱メチル化を受け、活性代謝物であるデシプラミンとなる。
2 正しい
サラゾスルファピリジンは、腸内細菌に還元され、活性代謝物である5−アミノサリチル酸となる。
3 誤っている
ニトラゼパムは、ニトロ基が還元され、7−アミノニトラゼパムとなり、その後アセチル化により7−アセトアミドニトロベンザムとなる。ニトラゼパムの代謝物は薬理活性を示さない。
4 正しい
プリミドンは、CYP3A4により2位のメチレン基が水酸化され、活性代謝物であるフェノバルビタールとなる。
5 正しい
モルヒネは、グルクロン酸転移酵素により6位の水酸基がグルクロン酸抱合され、活性代謝物であるモルヒネ−6−グルクロニドとなる。

-第102回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.