第102回薬剤師国家試験

第102回薬剤師国家試験 問111

第102回薬剤師国家試験 問111

下図は心臓の洞房結節の活動電位波形である。これに関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 交感神経の興奮により静止膜電位が低下し、心拍数が変化する。
 4相での変化は、Naチャネルの開口による細胞内へのNa流入に起因する。
 0相での変化は、L型Ca2チャネルの開口による細胞内へのCa2流入に起因する。
 3相での変化は、Kチャネルの開口による細胞外へのK流出に起因する。
 3相での変化が、心室筋の弛緩を起こす。

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
3、4


解説
1 誤
交感神経の興奮により、細胞膜に存在するL型Ca2チャネルが活性化し、細胞内へのCa2の流入が促進するため、静止膜電位が増加し、心拍数が変化する。
2 誤
洞房結節の細胞には、Naチャネルが少ないため、洞房結節の膜電位の変化にはNaほとんど影響を与えない。なお、洞房結節における4相(緩徐脱分極相)での変化は、T型Ca2チャネルの開口による細胞内へのCa2流入に起因する。
3 正
洞房結節における0相(脱分極相)での膜電位の変化は、L型Ca2チャネルの開口による細胞内へのCa2流入に起因する。
4 正
洞房結節における3相(再分極相)での膜電位の変化は、Kチャネルの開口による細胞外へのK流出に起因する。
5 誤
洞房結節における膜電位の変化は、固有心筋の収縮および弛緩とは無関係であるため、洞房結節における3相(再分極相)での膜電位の変化と心室筋の収縮及び弛緩とは相関性がない。

-第102回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.