第101回薬剤師国家試験 問70

重症肝硬変がもたらす薬物動態学的影響として、正しいのはどれか。1つ選べ。

1    肝細胞への酸素供給の増加
2    肝細胞への薬物取り込みの増加
3    酸性薬物の血漿中非結合形分率の増大
4    肝血流量の増加
5    CYP2C19の活性亢進

 

 

 

解説
1 誤
肝硬変が重症化すると、肝血流量が低下し、それに伴って肝細胞への酸素供給の低下が認められる。
2 誤
肝硬変が重症化すると、肝細胞が線維化によって、肝細胞への薬物の取り込みが減少する。
3 正
肝硬変が重症化すると、肝臓でのアルブミン合成能が低下するため、酸性薬物の血漿中非結合形分率
4 誤
解説1参照
5 誤
肝硬変が重症化すると、シトクロムP450(CYP)の活性が低下する。

解答
3

第101回 問70 PDF

第101回 問71

第101回薬剤師国家試験 問70」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 第101回薬剤師国家試験 問69 | yakugaku lab

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA