第101回薬剤師国家試験 問216〜217

55歳女性。身長160 cm、体重70 kg。起床時右手が思うように動かなくなり、救急外来を受診した。CT検査にてアテローム血栓性脳梗塞と診断され、入院にて急性期治療を受けた。この患者の血液検査データは以下の通りである。また、医師は重篤な腎障害があると判断した。
クレアチニンクリアランス20 mL/min、BUN 40 mg/dL、ALT 7.1 U/L、
AST 12.5 U/L、γ-GTP 10.0 U/L、血小板数20×104/µL

 問216 (実務)
以下は、退院時の再発抑制のための薬物である。この患者への投与が適切でないのはどれか。1つ選べ。なお、退院直前の検査データは入院時と大きな変化はなかった。

 シロスタゾール
 ダビガトランエテキシラートメタンスルホン酸塩
 チクロピジン塩酸塩
 低用量アスピリン
 クロピドグレル硫酸塩

 

 

 

解説
アテローム血栓性脳梗塞の再発を予防には、抗血小板薬の投与が推奨されている。よって、本患者に対して直接トロンビン阻害薬であるダビガトランエテキシラートメタンスルホン酸塩を投与することは不適切である。ダビガトランエテキシラートメタンスルホン酸塩は、非弁膜症性心房細動患者における虚血性脳卒中及び全身性塞栓症の抑制に用いられるが、アテローム血栓性脳梗塞の再発を予防には用いられない。また、ダビガトランエテキシラートメタンスルホン酸塩は、重度の腎障害患者に用いることができない。

解答
2

問217 (物理・化学・生物)
脳梗塞の発症には血小板凝集反応が関与するものがある。この反応に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 トロンボキサンA2は、血管内皮細胞から放出され、血小板凝集を抑制する。
 損傷した血管壁内から露出したコラーゲンは、血小板凝集を抑制する。
 活性化された血小板どうしは、フィブリノーゲンを介して結合する。
 プロスタグランジンI2は、活性化された血小板から放出され、血小板凝集を促進する。
 ADP(アデノシン5´−二リン酸)は、活性化された血小板から放出され、血小板凝集を促進する。

 

 

 

解説
1 誤
トロンボキサンA2(TXA2)は、主に活性化された血小板から放出され、血小板凝集を促進する。また、TXA2は、血管平滑筋のTXA2受容体に結合することで、血管収縮作用を示す。
2 誤
損傷した血管壁内から露出したコラーゲンにフォンビルブランド因子(vWF)が結合すると、このvWFに血小板が結合して血小板凝集が活性化される。
3 正
活性化された血小板の表面には、膜糖タンパク質のGqⅡb/Ⅲaなどが発現し、そこにフィブリノーゲンが結合することにより血小板どうしが結合する。
4 誤
プロスタグランジンI2は、主に血管内皮細胞から放出され、血小板凝集を抑制する。
5 正
活性化された血小板より放出されるADPは、血小板凝集を促進する。

解答
3、5

第101回 問216〜217 PDF

第101回 問218〜219