第101回薬剤師国家試験 問210〜211

第101回薬剤師国家試験 問210〜211

散剤の主薬の処方量が少ない場合には、賦形剤の添加により、かさを増し、分包誤差を極力少なくすることができる。賦形をする際は、一般的に賦形剤として乳糖やデンプンなどを、主薬によって選択して用いる。

問210 (物理・化学・生物)
構造式Aで表される乳糖に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 D-グルコフラノースとD-ガラクトフラノースがグリコシド結合している。
 還元糖である。
 グルコシダーゼによって、2つの単糖に分解される。
 水に溶かすと異性化し、旋光性を失う。
 β(1→4)結合をもつ。

 

 

 

 

 


解答
2、5


解説
1 誤
乳糖は、D−ガラクトピラノースとD−グルコピラノースがβ−グリコシド結合している。
2 正
乳糖は、D−グルコピラノース残基部分にアノマー性OH基を有することから鎖状構造に変化することかできる。鎖状に変化した乳糖はアルデヒド基を有するため、還元性を示す。
3 誤
乳糖は、β−ガラクトシダーゼにより2つの単糖(D−ガラクトースとD−グルコース)に分解される。
4 誤
乳糖を水に溶かすと、D−グルコピラノース残基部分のアノマー性OH基がα位にあるα−乳糖とアノマー性OH基がβ位にあるβ−乳糖で相互変換が起こる(解説2参照)。そのため、乳酸を水に溶かすと旋光度が変化する変旋光が認められる。
5 正
解説1参照


問211 (物理・化学・生物)
以下のうち、一般的に乳糖を賦形剤として用いるのはどれか。2つ選べ。

 アミノフィリン水和物末
 イソニアジド末
 ヨウ化カリウム末
 β−ガラクトシダーゼ散
 ロートエキス散

 

 

 

 

 

 


解答
3、5


解説
1 誤
アミノフィリン水和物末と乳糖を混合すると、配合変化を起こし変色する。よって、アミノフィリン水和物末の賦形剤には乳糖を用いず、デンプンを用いることが望ましい。
2 誤
イソニアジド末と乳糖を混合すると、配合変化を起こしイソニアジドの含量が低下する。よって、イソニアジド末の賦形剤には乳糖を用いず、デンプンを用いる必要がある。
3 正
ヨウ化カリウム末及びロートエキス散は乳糖と配合変化を起こさない。よって、ヨウ化カリウム末及びロートエキス散の賦形剤として乳糖を用いる。
4 誤
β−ガラクトシダーゼ散と乳糖を混合すると、配合変化を起こし乳糖が分解されてしまう。よって、β−ガラクトシダーゼ散の賦形剤には乳糖を用いず、デンプンを用いる必要がある。
5 正
解説3参照

第101回薬剤師国家試験 問210〜211” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。