第101回薬剤師国家試験 問184

播種性血管内凝固症候群(DIC)に関する記述のうち、誤っているのはどれか。1つ選べ。

 悪性腫瘍や産科的疾患などの基礎疾患を有する。
 多発性微小血栓による循環障害を生じる。
 凝固系と線溶系が同時に亢進する。
 血小板数が増加する。
 基礎疾患の治療に並行して、ヘパリンや合成プロテアーゼ阻害薬による治療を行う。

 

 

 

解説
1 正しい
DICの発症には、敗血症、白血病、固形がん、産科的疾患などが関与している。
2 正しい
DICでは、全身の血管内に微小血栓が形成され、多臓器不全を生じる。
3 正しい
DICでは、凝固系の亢進により二次的線溶系が亢進するため、凝固系と線溶系が同時に亢進する。
4 誤っている
DICでは、凝固系が亢進することで血小板が消費されてしまうため、血小板数は減少する。
5 正しい
DICの治療では、基礎疾患の治療に加え、DICの病態に応じた治療を行う。凝固優位型DICではヘパリンによる治療を行い、線溶優位型DICでは、合成プロテアーゼ阻害薬(ガベキサートやナファモスタット)による治療を行う。

解答
4

第101回 問184 PDF

第101回 問185

第101回薬剤師国家試験 問184」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 第101回薬剤師国家試験 問183 | yakugaku lab

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA