第101回薬剤師国家試験 問147

公的医療保険制度に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 国民皆保険制度が成立したのは、昭和30年代である。
 国民健康保険の保険者は、国である。
 最も加入者が多いのは、後期高齢者医療制度である。
 全国健康保険協会管掌健康保険は、被用者保険である。
 生活保護受給者は、国民健康保険に加入する。

 

 

 

解説
1 正
国民皆保険制度は、昭和36年(1961年)に成立した。
2 誤
国民健康保険の保険者は、市町村(特別区を含む)又は国民健康保険組合である。
3 誤
最も加入者が多いのは、国民健康保険である。
4 正
被用者保険には、全国健康保険協会管掌健康保険、組合管掌健康保険、国家公務員共済組合、地方公務員共済組合、私学教務員共済組合、船員保険がある。
5 誤
生活保護受給者は、国民健康保険に加入せず、生活保護における医療扶助を受ける。

解説
1、4

第101回 問147 PDF

第101回 問148

1 thought on “第101回薬剤師国家試験 問147

  1. ピンバック: 第101回薬剤師国家試験 問146 | yakugaku lab

コメントは停止中です。