第101回薬剤師国家試験 問139

下の図は、ある晴れた風がない冬の日の早朝、ある町の風景を示したものである。この町は平野にあり、左側には工場がある。この工場の煙突からは煙が出ており、ある高さから右の方にのびていた。このときの気象条件に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 このときの大気の安定度は、非常に低い状態だったと推測される。
 放射冷却が発生した可能性が高い。
 煙突付近の気温が地表付近の気温よりも高い可能性がある。
 地表付近で汚染物質が発生しても、その濃度は速やかに低下する。

 

 

 

解説
1 誤
図より、煙が上空に拡散せず、右側に延びていることから、大気の状態は安定しており逆転層状態(上空の温度が高く、地上付近の温度が低い状態)にあると考えられる。
2 正
晴れた風のない冬の日の早朝では、放射冷却が起こり、放射性逆転層が形成されることがある。本設問では、条件及び図より、放射冷却による逆転層が発生していると考えられる。
3 正
放射性逆転層では、地表よりも上空の温度は高くなっているため、煙突付近の気温は地表付近よりも高いと考えられる。
4 誤
大気が安定な状態にあることから、地表付近で発生した汚染物質は拡散せず、高い濃度を維持する。

解答
2、3

第101回 問139 PDF

第101回 問140

1 thought on “第101回薬剤師国家試験 問139

  1. ピンバック: 第101回薬剤師国家試験 問138 | yakugaku lab

コメントは停止中です。