第100回薬剤師国家試験

第100回薬剤師国家試験 問60

第100回薬剤師国家試験 問60

慢性閉塞性肺疾患に関する記述のうち、誤っているのはどれか。1つ選べ。

 喫煙が主な原因である。
 右心不全によって悪化する。
 病期・重症度は、肺活量により評価する。
 増悪予防のためインフルエンザワクチンの接種が推奨される。
 抗コリン薬の吸入が有効である。

 

 

 

 

解答・解説

解答
3


解説
1 正しい
慢性閉鎖性肺疾患(COPD)は肺の炎症性疾患であり、その主な原因は喫煙である。
2 正しい
右心不全により、肺血流量が低下し呼吸困難がさらに増悪する。
3 誤っている
COPDの病期・重症度は、1秒量・1秒率の低下より判断する。
4 正しい
COPD患者はインフルエンザに罹患すると、症状が増悪することがあるため、インフルエンザワクチンを接種することが推奨される。
5 正しい
COPDの薬物療法では、気管支拡張作用を有する抗コリン薬やアドレナリンβ2受容体刺激薬が用いられる。

-第100回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.