第100回薬剤師国家試験

第100回薬剤師国家試験 問57

第100回薬剤師国家試験 問57

高度な徐脈を認める高血圧患者(但し、他に合併症、臓器障害を有さない)に対して、使用すべきでない降圧薬はどれか。1つ選べ。

 リシノプリル水和物
 アムロジピンベシル酸塩
 アテノロール
 トリクロルメチアジド
 オルメサルタンメドキソミル

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
3


解説
高度な徐脈を認める高血圧患者に対して、使用すべきでない降圧薬は、β受容体遮断薬であるアテノロールである。アテノロールなどのβ受容体遮断薬は、心機能を抑制する作用があり、副作用として心不全、徐脈、房室ブロック等が現れることがあるため、高度な徐脈を認める患者に対して、投与禁忌となっている。
なお、リシノプリル水和物(ACE阻害薬)、アムロジピンベシル酸塩(Ca拮抗薬)、トリクロルメチアジド(チアジド系利尿薬)、オルメサルタンメドキソミル(ARB)は、高度な徐脈を認める患者に使用することが可能である。

-第100回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.