第100回薬剤師国家試験

第100回薬剤師国家試験 問47

第100回薬剤師国家試験 問47

体内動態が線形1−コンパートメントモデルに従う薬物において、全身クリアランスと分布容積がともに2倍に上昇すると、消失半減期はどうなるか。1つ選べ。

 4倍になる。
 2倍になる。
 変化しない。
 1/2倍になる。
 1/4倍になる。

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
3


解説
線形1−コンパートメントモデルでは、全身クリアランスCLtotと分布容積Vdは以下の式で表される。
CLtot=ke・Vd  (ke:消失速度定数)
上記の式より、全身クリアランスと分布容積がともに2倍に上昇しても、消失速度定数keは変化しない。
また、線形1−コンパートメントモデルでは、消失半減期t1/2は以下の式で表される。

よって、上記の式より、線形1−コンパートメントモデルに従う薬物において、全身クリアランスと分布容積がともに2倍に上昇しても消失半減期t1/2は変化しない。

-第100回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.