第100回薬剤師国家試験 問193

第100回薬剤師国家試験 問193

試験期間12ヶ月の臨床試験に参加した5名の被験者の経過が、以下のようになった。

1名が2ヶ月後に死亡
1名が4ヶ月後に追跡不能となり打ち切り
1名が6ヶ月後に追跡不能となり打ち切り
1名が8ヶ月後に死亡
1名が12ヶ月後の試験終了時まで生存

カプラン−マイヤー法を用いて表した生存曲線として、正しいのはどれか。1つ選べ。

 

 

 

 

 

 


解答
2


解説
試験期間12ヶ月の臨床試験に参加した5名の被験者の経過をもとにカプランマイヤー生存曲線を記載すると「選択肢2」のようになる。
・1名が2ヶ月後に死亡:被験者5名のうち、1名が死亡
生存率=1×(1-1/5)=0.8
・1名が4ヶ月後に追跡不能となり打ち切り:残った被験者4名のうち、1名が離脱
生存率=0.8×(1-0/4)=0.8
・1名が6ヶ月後に追跡不能となり打ち切り:残った被験者3名のうち、1名が離脱
生存率=0.8×(1-0/3)=0.8
・1名が8ヶ月後に死亡:残った被験者2名のうち、1名が死亡
生存率=0.8×(1-1/2)=0.4
・1名が12ヶ月後の試験終了時まで生存:残った被験者1名が12ヶ月生存
生存率=0.4×(1-0/1)=0.4

第100回薬剤師国家試験 問193” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。