第100回薬剤師国家試験 問183

第100回薬剤師国家試験 問183

悪性リンパ腫に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 通常、リンパ節腫大は見られない。
 骨髄造血幹細胞が腫瘍化したものである。
 B細胞性では、CHOP療法とCD20に対する抗体療法の併用が有効である。
 胃に限局した病変では、ヘリコバクター・ピロリ感染の検査が必要である。
 T細胞に由来するものはない。

 

 

 

 

 

 


解答
3、4


解説
1 誤
悪性リンパ腫(ホジキンリンパ腫、非ホジキンリンパ腫)では、頚部、腋下などにリンパ節腫大が見られることが多い。
2 誤
悪性リンパ腫は、骨髄造血幹細胞が腫瘍化したものではなく、リンパ系細胞が腫瘍化したものである。
3 正
B細胞性の悪性リンパ腫では、ほとんどの症例においてCD20抗原が発現しているため、CHOP療法とCD20に対する抗体療法の併用(R—CHOP療法:リツキシマブ、シクロホスファミド水和物、ドキソルビシン塩酸塩、ビンクリスチン硫酸塩、プレドニゾロンの併用療法)が有効とされている。
4 正
胃に発現する低悪性度のMALTリンパ腫は、ヘリコバクター・ピロリ菌を除菌することにより、改善することが多い。よって、胃に限局した病変では、ヘリコバクター・ピロリ感染の検査が必要である。
5 誤
悪性リンパ腫には、T細胞に由来するものがある。

第100回薬剤師国家試験 問183” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。