第100回薬剤師国家試験 問174

第100回薬剤師国家試験 問174

界面活性剤に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 イオン性界面活性剤において、アルキル鎖が長くなるほどクラフト点は低くなる。
 親水性親油性バランス(HLB)値が小さい界面活性剤ほど、疎水性が高い。
 HLB値が3.7の界面活性剤2 gと、HLB値が11.5の界面活性剤1 gを混合して得た界面活性剤のHLB値は、7.6である。
 イオン性界面活性剤水溶液のモル電気伝導率は、臨界ミセル濃度以上で急激に減少する。
 臨界ミセル濃度以上では、界面活性剤分子はミセルを形成するため、単分子として溶解しているものはない。

 

 

 

 

 

 


解答
2、4


解説
1 誤
クラフト点とは、ミセル形成によりイオン性界面活性剤の溶解度が急激に上昇する温度のことであり、イオン性界面活性剤のアルキル鎖が長くなるほどクラフト点は高くなる。
2 正
親水性親油性バランス(HLB)値が小さい界面活性剤ほど疎水性が高く、HLB値が大きい界面活性剤ほど親水性が高い。
3 誤
界面活性剤Aと界面活性剤Bを混合した場合に得られる界面活性剤ABのHLB値は、以下の式を用いて求めることができる。

問題の条件より、混合して得た界面活性剤のHLB値を以下のように求めることができる。

4 正
イオン性界面活性剤水溶液のモル電気伝導率は、臨界ミセル濃度以下で緩やかに減少し、臨界ミセル濃度以上で急激に減少する。
5 誤
臨界ミセル濃度以上の界面活性剤水溶液中において、界面活性剤分子は、単分子の状態及びミセルの状態で存在している。

第100回薬剤師国家試験 問174” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。