第100回薬剤師国家試験 問112

神経細胞では、さまざまな刺激によって膜電位の変化が生じる。図(1)及び(2)は、異なる刺激に伴う神経細胞の膜電位の経時変化を示している。これに関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。ただし、図の横軸は時間、縦軸は膜電位を示す。

 Aで示した電位は静止膜電位と呼ばれ、通常0 mVである。
 静止膜電位は、主にCa2チャネルによって形成される。
 Naが細胞内へ流入すると、図(1)矢印(あ)のように膜電位が変化する。
 Kが細胞内へ流入すると、図(1)矢印(い)のように膜電位が変化する。
 Clが細胞外へ流出すると、図(2)のように膜電位が変化する。
6 図(2)のように、膜電位変化を生じさせる神経伝達物質として、γ-アミノ酪酸(GABA)がある。

 

 

 

解説
1 誤
Aで示した電位は静止膜電位と呼ばれ、通常、神経細胞においては-60〜-90 mVである。
2 誤
静止膜電位は、主にKチャネルによって形成される。
3 正
Naが細胞内へ流入すると、脱分極が起こり、図(1)矢印(あ)のように膜電位がプラスになる。
4 誤
K細胞外へ流出すると、再分極が起こり、図(1)矢印(い)のように膜電位がマイナスになる。
5 誤
Cl細胞内へ流入すると、図(2)のような過分極が起こる。
6 正
図(2)のように過分極が起こす物質には、γ−アミノ酪酸(GABA)がある。γ−アミノ酪酸(GABA)は、Clチャネル内蔵型受容体であるGABA受容体に結合することで、Clチャネルを開口し、図(2)のように過分極が起こす。

解答
3、6

第100回 問112 PDF

第100回 問113

1 thought on “第100回薬剤師国家試験 問112

  1. ピンバック: 第100回薬剤師国家試験 問111 | yakugaku lab(薬剤師国家試験解説、薬学に関する情報 サイト)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA