第100回薬剤師国家試験 問100

水酸基を有する医薬品Xのデータは以下の通りである。次の記述のうち正しいのはどれか。2つ選べ。
分子量:200
300 nmにおけるモル吸光係数:20,000
比旋光度[α]20D:-30°〜 -33°

 医薬品Xの300 nmにおける比吸光度E 11 cm は1,000である。
 医薬品Xの1.0×106 mol/L溶液の旋光度を層長100 mmのセルを用いて測定すると-3.0°〜 -3.3°となる。
 医薬品Xの赤外吸収スペクトルにおいて、水酸基の伸縮振動スペクトルの波数は、測定溶媒との水素結合形成により減少する。
 医薬品Xの結晶を作成しX線(波長1.54 Å(0.154 nm))を照射した。このとき、回折角2θが60°の回折点由来の面間隔は0.89 Åである。ただし、31/3=1.73とする。

 

 

 

解説
下記のPDFを確認してください

解答
1、3

第100回 問100 PDF

第100回 問101

1 thought on “第100回薬剤師国家試験 問100

  1. ピンバック: 第100回薬剤師国家試験 問99 | yakugaku lab

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA