下田 武

界面の性質、界面活性剤

2020/9/17  

Section1 界面の性質、界面活性剤 1 界面 界面とは、二つの相が存在するときの境界面のことであり、接する面の種類により、気−液界面、気−固界面、液−液界面、固−液界面などがある。なお、一方が気 ...

高分子の構造と高分子溶液の性質

2020/9/17  

Section2 高分子の構造と高分子溶液の性質 高分子とは、一般に分子量10,000以上の物質のことであり、タンパク質や核酸も高分子に該当する。高分子はその分子量の大きさより低分子と異なる性質を有す ...

流動と変形(レオロジー)

2020/9/16  

Section1 流動と変形(レオロジー) レオロジーとは、物質の変形、流動を扱う分野であり、薬学領域においては、固体的の性質である弾性と液体的な性質である粘性の両方の性質を兼ね備えている半固形製剤( ...

溶解に影響を及ぼす因子

2020/9/13  

Sction4 溶解に影響を及ぼす因子 固体の液体への溶解現象は、溶媒と溶質の分子間相互作用の影響を受ける。温度や溶媒のpHにより分子間相互作用が変化すると、溶解度に変化が認められる。 1 溶解度と温 ...

溶解度、溶解速度

2020/9/12  

Section3 溶解度、溶解速度 溶解平衡とは、固体とその飽和溶液が共存し、固相と液相が平衡状態にあることである。 このときの溶液の濃度を飽和濃度(溶解度)という。 1 溶解度 溶液中に固体が存在す ...

結晶、非結晶、無水物、水和物

2020/9/12  

Section2 結晶、非結晶、無水物、水和物 1 結晶多型 結晶とは、固体のうち、それを構成する原子、分子、イオンなどが規則正しく三次元的に配置されている物質のことであり、同一の化学組成を有するもの ...

粉体

2020/9/11  

Section1 粉体 粉体は固体の集合体であり、粉体の性質を考えるにあたっては、個々の粒子の特徴だけでなく、粒子の集合体としての性質を考慮する必要がある。粉体は固体粒子の集合体であるが、液体と同様に ...

no image

第105回薬剤師国家試験 問150

2020/8/29  

第105回薬剤師国家試験 問150 薬価基準制度に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。 1 薬価基準は、保険医療で使用できる医薬品の品目表と価格表の2つの性格を持つ。 2 新医薬品は、 ...

no image

第105回薬剤師国家試験 問149

2020/8/29  

第105回薬剤師国家試験 問149 我が国の医療保険制度に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。 1 国民はいずれかの公的医療保険に加入する。 2 自らが将来使用する医療費を予め積み立 ...

no image

第105回薬剤師国家試験 問148

2020/8/29  

第105回薬剤師国家試験 問148 医療法に基づき、医療機関の管理者に求められる医療安全の確保に関する記述のうち、適切なのはどれか。2つ選べ。 1 医療に係る安全管理のための指針を整備しなければ ...

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.