第103回薬剤師国家試験 問327

第103回薬剤師国家試験 問327 26歳男性。1日数回の下痢を繰り返し、また、血便が出ていたので近医を受診した。検査の結果、潰瘍性大腸炎と診断され、メサラジン錠を用いた治療を開始した。2年後、出血性下痢の増加と腹痛を認めるようになり、薬物はメサラジン錠とプレドニゾロン錠の併用に変更になった。 この患者の病態と薬学的管理について、適切でないのはどれか。2つ選べ。 1 服用困難な場合には、メサラジン錠を粉砕する。 2 感染症にかかりやすい。 3 メサラジンの副作用として、消化器症状に気をつける。 4 定期的に大腸癌の検査を受ける。 5 メサラジン錠服用により、潰瘍性大腸炎の完治が期待できる。               解答 1、5 解説 1 誤っている メサラジン錠は活性本体の5−アミノサリチル酸(5−ASA)を多孔性被膜でコーティングし、小腸から大腸の全域にわたって放出するよう製剤設計された放出制御型製剤であるため、粉砕すると、この放出調節機能が失われることから粉砕することは望ましくない。 2 正しい 本患者は、副腎皮質ステロイド製剤を服用していることから、易感染状態にある。 3 正しい メサラジンは副作用として、消化器症状(下痢、下血、血便、腹痛等)を起こすことがある。 4 正しい 本患者が罹患している潰瘍性大腸炎は、大腸癌に移行することがあるため、定期的に大腸癌の検査(大腸内視鏡検査等)を受ける必要がある。 5 誤っている 潰瘍性大腸炎の治療は、主に薬物療法(メサラジン、サラゾスルファピリジン、副腎皮質ステロイド性薬、シクロスポリンなど)によって行われる。薬物療法では、本疾患の病因を改善することはできないため、メサラジンの服用により、潰瘍性大腸炎の完治は期待できない。 → Read More

第103回薬剤師国家試験 問312〜313

第103回薬剤師国家試験 問312〜313 76歳男性。脳梗塞の既往と高血圧、脂質異常症(高脂血症)、不眠、便秘のため、以下の処方により治療を継続中である。薬局での服薬指導時に、患者から最近便が黒っぽいとの訴えがあった。薬剤師が主治医に連絡したところ、精密検査により大腸がんが見つかり、3ヶ月後に切除手術を受けることになった。 問312 (実務) 入院手術前に医師と協議の上、この薬剤師が薬学的管理をすることになった。上記の処方の中で、休薬の必要性が高いのはどれか。2つ選べ。 1 処方1 2 処方2 3 処方3 4 処方4 5 処方5             解答 2、3 解説 本患者は大腸がんが見つかり、出血を伴う切除手術を行う予定になっていることから、血小板凝集抑制作用のある薬物又は抗凝固薬を休薬する必要がある。本患者に処方されている薬のうち、イコサペント酸エチル(選択肢2)及びシロスタゾール(処方3)は血小板凝集抑制作用を有するため、入院手術前に休薬する必要性が高い。 問313 (法規・制度・倫理) その後、手術では患部を取りきれず、退院時の見込みでは、日常生活を送る上で介護を要するであろうとのことであった。介護保険制度に照らした当該患者に関する記述のうち、正しいのはどれか。1つ選べ。 1 第2号被保険者である。 2 要介護認定を受けた場合に介護サービスが受けられる。 3 要介護認定は都道府県が行う。 4 要介護認定は疾病の重症度が判定基準とされる。 5 保険料は医療保険者が徴収し社会保険診療報酬支払基金に納付する。               解答 2 解説 1 誤 本患者は76歳であることから、第1号被保険者である。 第1号被保険者 市町村(特別区を含む)の区域内に住所を有する65歳以上のもの 第2号被保険者 市町村(特別区を含む)の区域内に住所を有する40歳以上65歳未満の医療保険加入者 2 正 介護保険制度において、要介護認定を受けた場合に介護サービスを受けることができ、また、要支援認定を受けた場合に介護予防サービスを受けることができる。 3 誤 要介護認定は市町村が行う。 4 誤 要介護認定は、直接生活介護(入浴、排泄、食事等の介護)、間接生活介護(洗濯、掃除等の家事援助等)、問題行動関連行為(徘徊に対する探索等)、機能訓練関連行為(歩行訓練、日常生活訓練等の機能訓練)、医療関連行為(輸液の管理、褥瘡の処置等の診療補助)が被保険者に対して行われるのに要する一日当たりの時間(要介護認定等基準時間)を基に判定される。 5 誤 本患者(第1号被保険者)の介護保険料は年金からの天引き(特別徴収)もしくは納付書による納付(普通徴収)により市町村が徴収する。なお、第2号被保険者の介護保険料は、被保険者が加入する医療保険の保険者が、医療保険料と一体的に徴収する。 → Read More

第103回薬剤師国家試験 問310〜311

第103回薬剤師国家試験 問310〜311 75歳男性。パーキンソン病が進行し、レボドパ製剤に加えてセレギリン塩酸塩錠が併用されることとなった。この医療機関では、併用することとなったセレギリン塩酸塩錠は初めての採用である。薬剤師は、この患者に対して非運動症状(うつ症状、頻尿、便秘、睡眠障害など)の改善のために同時に処方される可能性がある薬剤の併用の可否及び薬剤の取扱いについて確認した。 問310 (実務) 次の薬剤のうち、この男性に併用できないのはどれか。2つ選べ。 1 アミトリプチリン塩酸塩 2 フラボキサート塩酸塩 3 ピコスルファートナトリウム 4 フルボキサミンマレイン酸塩 5 トリアゾラム               解答 1、4 解説 セレギリンはMAOB阻害作用を有するため、セロトニン及びノルアドレナリンの分解を抑制する作用を有する。このことから、以下の薬剤と併用禁忌とされている。 ・三環系抗うつ薬(アミトリプチリン塩酸塩等) ・選択的セロトニン再取り込み阻害薬(フルボキサミンマレイン酸塩等) ・セロトニン、ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(デュロキセチン塩酸塩等) ・選択的ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(アトモキセチン塩酸塩) ・ノルアドレナリン、セロトニン作動性抗うつ薬(ミルタザピン) 問311 (法規・制度・倫理) セレギリン塩酸塩錠の取扱いとして正しいのはどれか。2つ選べ。 1 厚生労働大臣の指定を受けた向精神薬卸売業者から購入する必要がある。 2 かぎをかけた場所に保管しなければならない。 3 麻薬を保管している金庫に保管してもよい。 4 廃棄したときは、30日以内に都道府県知事に届け出なければならない。 5 盗難や紛失があったときには、すみやかに都道府県知事に届け出なければならない。           解答 2、5 解説 1 誤 セレギリン塩酸塩は、覚せい剤原料に指定されているため、都道府県知事から覚せい剤原料取扱者の指定を受けた医薬品卸売販売業者から購入する必要がある。 2 正 3 誤 麻薬と覚せい剤は同じ金庫に保管することができるが、セレギリン塩酸塩は覚せい剤原料に指定されているため、麻薬を保管している金庫に保管することはできない。 4 誤 覚せい剤原料であるセレギリン塩酸塩を廃棄する場合には、あらかじめ都道府県知事に届け出た後、当該職員立会いの下、廃棄する必要がある。 5 正 → Read More

第103回薬剤師国家試験 問306〜307

第103回薬剤師国家試験 問306〜307 69歳女性。皮膚科を受診し、四肢の皮膚湿疹に対して以下の処方箋を持ち、初めてこの薬局を訪れた。薬剤師が薬を取りそろえる前にお薬手帳で併用薬を確認したところ、女性はラタノプロスト点眼液を処方されていた。なお、副作用歴やアレルギー歴は無いとのことであった。女性は今回の処方薬を初めて使用する。 問306 (法規・制度・倫理) 処方監査に基づく疑義照会について正しいのはどれか。2つ選べ。 1 処方に誤りがあり、疑義があったにもかかわらず、薬剤師が疑義照会をせず、そのため患者に健康被害が発生した場合、処方医が損害賠償責任を負うが、薬剤師は負わない。 2 疑義照会は、処方医でなくても医師に行えばよい。 3 処方箋中に法令に定められた事項が記載されていない場合には、疑義照会を行わなければならない。 4 患者がお薬手帳を持参しない場合には、併用薬はないものとして疑義の有無を判断する。 5 疑義照会による医師からの回答の内容は処方箋に記入しなければならない。             解答 3、5 解説 1 誤 処方に誤りがあり、疑義があったにもかかわらず、薬剤師が疑義照会もせず、患者に健康被害が生じた場合には、薬剤師も損害賠償責任を負う。 疑義があったにも関わらず、疑義照会せず患者に健康被害が生じた場合には、薬剤師は以下の責任を問われる可能性がある。 ・民事的責任(債務不履行や不法行為による賠償責任) ・刑事的責任(業務上過失致死障罪) ・行政的責任(薬事法による薬剤師免許取り消し等) 2 誤 疑義照会は、処方医に行う。 3 正 4 誤 患者がお薬手帳を持参しない場合は、初回質問票、薬歴にて併用薬について確認するか服薬指導時に併用薬について確認する必要がある。 5 正 問307 (実務) これらの処方の疑義照会において、変更を提案すべき処方はどれか。1つ選べ。 1 処方1 2 処方2 3 処方3 4 処方1と処方2 5 処方1と処方3 6 処方2と処方3               解答 1 解説 お薬手帳にて本患者はラタノプロスト点眼液を使用中であることから、眼圧をコントロールする必要がある状態(緑内障、高眼圧症)であると判断できる。 本患者に処方されている薬のうち、ベタメタゾン・d−クロルフェニラミンマレイン酸塩配合錠(処方1)は、眼内圧上昇により、緑内障が増悪するおそれがあるため、緑内障患者には投与禁忌とされている。 → Read More

第103回薬剤師国家試験 問304〜305

第103回薬剤師国家試験 問304〜305 産婦人科の医師から、医薬品情報室に「帝王切開前の皮膚消毒に用いる消毒薬として、クロルヘキシジンとポビドンヨードのどちらが手術部位感染を予防するのに良いか。」との問い合わせがあった。 情報収集の結果、クロルヘキシジン(2%クロルヘキシジングルコン酸塩+イソプロピルアルコール)群と、ポビドンヨード(8.3%ポピドンヨード+イソプロピルアルコール)群を比較した論文を見出し、表に基づいて説明した。 問304 (実務) 薬剤師の説明として、適切なのはどれか。2つ選べ。 1 主要評価項目は、手術部位感染の発症率と平均入院期間であった。 2 クロルヘキシジン群では、ポビドンヨード群と比べて、手術部位感染のリスクが45%減少することが示されている。 3 クロルヘキシジン群では、ポビドンヨード群と比べて、深部の手術部位感染のリスクは統計学的に有意に小さい。 4 クロルヘキシジン群、ポビドンョード群ともに、入院期間の中央値は4日間であった。 5 再入院までの期間は、クロルヘキシジン群、ポビドンヨード群においてそれぞれ19日間、25日間であった。           解答 2、4 解説 1 誤 主要評価項目(Primary→ Read More