MENU
業界最安値、最高の講義、未来を切り拓く教育体験❕ クリック

高尿酸血症治療剤 アロプリノール(ザイロリック) Zyloric

◉名称、化学構造

一般名:アロプリノール
商品名:ザイロリック

◉分類

高尿酸血症治療剤

◉効能・効果

下記の場合における高尿酸血症の是正
痛風、高尿酸血症を伴う高血圧症

◉薬理作用

アロプリノールは、キサンチンオキシダーゼに対して、ヒポキサンチン及びキサンチンと拮抗することによって尿酸の生合成を抑制し、その結果血中尿酸値及び尿中尿酸値を低下させる

 

◉使用する際の注意

  • 本剤の投与により皮膚症状又は過敏症状が発現し、重篤な症状に至ることがあるので、発熱、発疹等が認められた場合には直ちに投与を中止し、適切な処置を行う。
  • 急性痛風発作がおさまるまで、本剤の投与を開始しない。
  • 投与初期に尿酸の移動により、痛風発作の一時的な増強をみることがある。
  • 本剤投与中に痛風が増悪した場合にはコルヒチン、インドメタシン等を併用する。

◉相互作用

薬物動態学的相互作用の要因

  • 本剤がアザチオプリンの代謝酵素であるキサンチンオキシダーゼを阻害する
  • ビラダビンの代謝を阻害し、ビダラビンの作用を増強する
  • 本剤の肝代謝酵素阻害作用により、クマリン系抗凝固剤(ワルファリン)の半減期が延長する
  • 本剤の肝代謝酵素阻害作用、腎排泄阻害作用により、シクロホスファミドによる骨髄抑制が発現する
  • 本剤の肝代謝酵素阻害作用により、シクロスポリン、フェニトインの血中濃度が上昇する
  • 本剤のキサンチンオキシダーゼ阻害作用により、テオフィリン、ジダノシンの血中濃度が上昇する

◉副作用

◉主な副作用

発疹、かゆみ、関節痛、貧血、紫斑、リンパ節症、腎機能異常、食欲不振、胃部不快感、軟便、下痢、全身けん怠感、脱毛など

◉重大な副作用[初期症状]

  • 中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群、剥脱性皮膚炎などの重篤な皮膚障害または過敏性血管炎
    発熱、発疹、関節痛]
  • ショック、アナフィラキシー
    [めまい、冷汗、呼吸困難]
  • 再生不良性貧血、汎血球減少、無顆粒球症、血小板減少
    [貧血症状、出血傾向、発熱]
  • 劇症肝炎などの重篤な肝機能障害、黄疸
    [全身倦怠感、食欲不振、皮膚や白目が黄色くなる]
  • 腎不全、腎不全の増悪、間質性腎炎を含む腎障害
    [尿量減少、むくみ、全身倦怠感]

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次