第99回薬剤師国家試験

第99回薬剤師国家試験 問63

第99回薬剤師国家試験 問63

骨粗しょう症の治療薬のうち、エストロゲン受容体に直接作用する薬物はどれか。1つ選べ。

 デノスマブ
 テリパラチド
 イプリフラボン
 ラロキシフェン塩酸塩
 アルファカルシドール

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
4


解説
骨粗しょう症の治療薬のうち、エストロゲン受容体に直接作用する薬物はラロキシフェンである。ラロキシフェン塩酸塩は選択的エストロゲン受容体調節薬(SERM)であり、骨組織のエストロゲン受容体に直接作用して骨吸収を抑制する。
1 誤
デノスマブはヒトモノクローナル抗体製剤であり、破骨細胞分化因子であるRANKLに特異的に結合し、骨吸収を抑制する。
2 誤
テリパラチドは遺伝子組み換えPTH(ヒト副甲状腺ホルモン)製剤であり、間欠投与により骨芽細胞を増加させて骨形成を促進する。
3 誤
イプリフラボンは、直接的な骨吸収抑制作用とエストロゲンのカルシトニン分泌促進作用を増強することによる間接的な骨吸収抑制作用を有する。
4 正
5 誤
アルファカルシドールは活性型ビタミンD製剤であり、腸管でのカルシウムの吸収、腎臓でのカルシウムの再吸収を促進することにより血中カルシウム濃度を上昇させ、骨形成を促進する。

-第99回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.