第99回薬剤師国家試験

第99回薬剤師国家試験 問58

第99回薬剤師国家試験 問58

急性前骨髄球性白血病について、正しいのはどれか。1つ選べ。

 フィラデルフィア染色体が形成される。
 CD20抗原が認められる。
 転座染色体t(8:22)が認められる。
 PMLRARα融合遺伝子が認められる。
 BRCA1遺伝子に変異が認められる。

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
4


解説
急性前骨髄球性白血病では、PMLRARα融合遺伝子(15番染色体のPML遺伝子と17番染色体のRARα遺伝子が融合して生じるキメラ遺伝子)が認められる。
1 誤
フィラデルフィア染色体(9番と22番の染色体が相互転座して生じる染色体)が認められるのは、慢性骨髄性白血病と一部の急性リンパ性白血病である。
2 誤
CD20抗原が認められる疾患は、B細胞性悪性リンパ腫である。
3 誤
転座染色体t(8:22)(8番と22番の染色体が相互転座して生じる染色体)が認められるのは、急性リンパ性白血病である。
4 正
5 誤
BRCA1遺伝子はがん抑制遺伝子の一種であり、変異により乳がんや卵巣がんを引き起こす。

-第99回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.