第99回薬剤師国家試験

第99回薬剤師国家試験 問51

第99回薬剤師国家試験 問51

薬物の胃内における分解の回避を目的とした剤形はどれか。1つ選べ。

 糖衣錠
 腸溶錠
 トローチ剤
 シロップ剤
 チュアブル錠

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
2


解説
薬物の胃内における分解の回避を目的とした剤形は、腸溶錠である。腸溶錠は、酸不溶性の腸溶性基剤を用いて皮膜を施して、有効成分の胃内放出を防いでいる。

-第99回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.