第99回薬剤師国家試験

第99回薬剤師国家試験 問50

第99回薬剤師国家試験 問50

製剤総則において、粒状に造粒した経口投与する製剤と規定されているのはどれか。1つ選べ。

 発泡錠
 散剤
 顆粒剤
 分散錠
 懸濁剤

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
3


解説
製剤総則において、粒状に造粒した経口投与する製剤と規定されているのは、顆粒剤である。
1 誤
発泡錠は、水中で急速に発砲しながら溶解又は分散する錠剤である。
2 誤
散剤は、経口投与する粉末状の製剤である。
3 正
4 誤
分散錠は、水に分散して服用する錠剤である。
5 誤
懸濁剤は、有効成分を微細均質に懸濁した経口液剤である。

-第99回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.