第99回薬剤師国家試験

第99回薬剤師国家試験 問42

第99回薬剤師国家試験 問42

薬物の血漿タンパク結合の解析に用いられる式はどれか。1つ選べ。

 Henderson−Hasselbalch式
 Langmuir式
 Augsberger式
 Arrhenius式
 Cockcroft−Gault式

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
2


解説
薬物の血漿タンパク結合の解析に用いられる式は、Langmuir式である。
1 誤
Henderson−Hasselbalch式は、弱酸性薬物や弱塩基性薬物の分子形の濃度とイオン形の濃度の比を求める式である。
2 正
3 誤
Augsberger式は、年齢より小児薬用量を算出する際に用いられる式である。
4 誤
Arrhenius式は、反応速度定数と温度の関係を表す式である。
5 誤
Cockcroft−Gault式は、性別、年齢、体重、血清クレアチニン濃度よりクレアチニンクリアランスを算出する際に用いられる式である。

-第99回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.