第99回薬剤師国家試験

第99回薬剤師国家試験 問331

第99回薬剤師国家試験 問331

成人患者に対する処方のうち、必ず疑義照会が必要なものはどれか。2つ選べ。

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
3、5


解説
上記の処方内容のうち、疑義照会が必要なのは、選択肢3、5である。
・選択肢3(ラニナミビルオクタン酸エステル水和物吸入粉末剤20 mg)
成人のインフルエンザの治療に用いる場合
ラニナミビルオクタン酸エステルとして、40 mgを単回吸入
成人のインフルエンザの予防に用いる場合
ラニナミビルオクタン酸エステルとして、40 mgを単回吸入する。また、20 mgを11回、2日間吸入投与する。
・選択肢5(レボフロキサシン錠500 mg)
通常、成人にはレボフロキサシンとして1回500 mgを11回経口投与する。

-第99回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.