第99回薬剤師国家試験

第99回薬剤師国家試験 問31

第99回薬剤師国家試験 問31

ペロスピロンが統合失調症の陽性症状を改善する機序はどれか。1つ選べ。

 アドレナリンα2受容体刺激
 セロトニン5−HT2受容体遮断
 セロトニン5−HT4受容体刺激
 ドパミンD1受容体遮断
 ドパミンD2受容体遮断

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
5


解説
ペロスピロンは、セロトニン・ドパミンアンタゴニスト(SDA)であり、統合失調症の治療薬として用いられる。ペロスピロンは、ドパミンD2受容体遮断作用により陽性症状(幻覚、妄想など)を、セロトニン5−HT2受容体遮断作用により陰性症状(感情の平板化、自閉など)を改善する。

-第99回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.