第99回薬剤師国家試験

第99回薬剤師国家試験 問298〜299

第99回薬剤師国家試験 問298〜299

30歳男性。全身倦怠感、食欲不振、下痢、体重減少を訴えて受診した。抗HIV抗体が陽性であり、CD4陽性リンパ球の減少が見られた。後天性免疫不全症候群(AIDS)の診断を受け、薬物療法を開始することとなった。

問298 (病態・薬物治療)
HIV感染症の治療に用いられるのはどれか。2つ選べ。

 ファムシクロビル錠
 エファビレンツ錠
 アタザナビル硫酸塩カプセル
 エンテカビル水和物錠
 リバビリンカプセル

 

 

 

解答・解説

解答
2、3


解説
選択肢のうち、HIV感染症の治療に用いられるのは、「エファビレンツ錠」「アタザナビル硫酸塩カプセル」である。選択肢にある薬物の特徴を以下に示す。
・ファムシクロビル
体内で代謝を受けてペンシクロビルとなり、その後、感染細胞内でウイルス由来のチミジンキナーゼによりリン酸化され、さらに宿主細胞由来キナーゼにより三リン酸化体となり、ウイルスDNAポリメラーゼを阻害する。
・エファビレンツ
HIV感染細胞内でリン酸化され活性体となりHIVの逆転写酵素を非競合的に阻害することによりHIVの増殖を抑制する。
・アタザナビル硫酸塩
HIVプロテアーゼの活性部位に選択的に結合することでHIVの増殖を抑制する。
・エンテカビル水和物
ウイルス感染細胞内でリン酸化されてエンテカビル三リン酸に変化した後、B型肝炎ウイルス由来のDNAポリメラーゼを阻害する。
・リバビリン
ウイルス感染細胞内でリン酸化されリバビリン三リン酸に変化した後、C型肝炎ウイルス由来のRNAポリメラーゼを阻害する。


問299 (実務)
この患者への治療に関する記述のうち、適切でないのはどれか。1つ選べ。

 治療目標は、血中ウイルス量を検出限界以下に抑え続けることである。
 治療は、原則として多剤併用療法で開始する。
 治療により免疫機能の指標が改善したら、速やかに薬剤の服用を中止する。
 患者に対して、日和見感染の予防と早期発見の方法を説明する。
 抗HIV薬は、併用薬との相互作用に注意する必要があるので、他医療機関を受診する際には抗HIV薬を服用中であることを申し出るように指導する。

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
3


解説
1 適切である
本感染症の治療目標は、血中ウイルス量を長期にわたって検出限界以下に抑え続けることである。
2 適切である
本感染症の治療は、原則として多剤併用療法(3剤以上を併用投与するHAART(Highly Active Anti−Retroviral Therapy)療法)で開始する。
3 適切でない
治療により免疫機能の指標が改善しても、HIVは体内に存在するため、薬物療法を継続して行う必要がある。
4 適切である。
本感染症により免疫不全状態となるため、日和見感染の予防と早期発見の方法を説明する必要がある。
5 適切である
抗HIV薬は、他の薬剤と相互作用を起こす可能性がある。そのため、他医療機関を受診する際には抗HIV薬を服用中であることを申し出るように説明する必要がある。

-第99回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.