第99回薬剤師国家試験

第99回薬剤師国家試験 問292〜293

第99回薬剤師国家試験 問292〜293

54歳男性。検査の結果、アジソン病の確定診断を受け、経口ホルモン補充療法が施行されることとなった。

問292 (病態・薬物治療)
アジソン病の典型的な所見はどれか。2つ選べ。

 低血圧
 血清カリウム値の低下
 色素沈着
 体重増加
 好酸球減少

 

 

 

解答・解説

解答
1、3


解説
アジソン病は後天性の慢性副腎皮質機能低下症であり、以下に示すことが起こる。
・鉱質コルチコイドの分泌低下→低ナトリウム血症、低血圧、高カリウム血症
・糖質コルチコイドの分泌低下→全身倦怠感、易疲労感、体重減少、好中球増加
・男性ホルモンの分泌低下→無月経、脱毛、勃起不全
・上記に示すホルモン分泌の低下によりACTHの分泌増加→皮膚色素沈着


問293 (実務)
アジソン病に対する副腎皮質ホルモン補充の薬物投与設計として最も適切なのはどれか。1つ選べ。

 

 

 

 

解答・解説

解答
2


解説
アジソン病の治療では、一般に天然の糖質コルチコイドであるヒドロコルチゾンの補充が基本であり、合成副腎皮質ホルモン、鉱質コルチコイドの補充は必要しない。通常、ヒドロコルチゾンの分泌は早朝に最大となることから、ヒドロコルチゾンは、朝食後に多く投与し、昼食後および夕食後には少量投与する。

-第99回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.