第99回薬剤師国家試験

第99回薬剤師国家試験 問278〜279

第99回薬剤師国家試験 問278〜279

22歳女性。中等度のアトピー性皮膚炎にて受診している。今回、顔面、頸部、体幹、腕等に炎症を認めたため、次の薬剤が処方された。

問278 (薬剤)
次の記述のうち、服薬指導として適切なのはどれか。2つ選べ。

 タクロリムス水和物軟膏は皮膚萎縮の副作用があるので、顔面に使用しないように指導した。
 デキサメタゾン吉草酸エステル軟膏は、炎症が軽くなれば使用を直ちに中止するように指導した。
 ヒルドイドローションは、入浴直後に使用すると効果的であると指導した。
 アゼラスチン塩酸塩は眠気を誘発するため、車を運転しないように指導した。

 

 

 

 

解答・解説

解答
3、4


解説
1 誤
タクロリムス水和物軟膏は、副作用として適用部位の刺激感(熱感、疼痛等)があるが、顔面皮膚にも使用することができる。
2 誤
デキサメタゾン吉草酸エステル軟膏は副腎皮質ステロイド性薬であり、炎症症状が軽くなると共に、徐々に減量する。
3 正
ヒルドイドローションは皮膚乾燥をおこしやすい入浴直後に使用すると効果的である。
4 正
アゼラスチン塩酸塩はH1受容体遮断薬であり、副作用として眠気が認められることがあるため、服用中は車を運転しないように指導する必要がある。


問279 (薬剤)
ヒルドイドローション0.3%に含まれる添加物とその役割との組み合わせのうち、正しいのはどれか。1つ選べ。

 

 

 

 

解答・解説

解答
2


解説
ヒルドイドローションに含まれている添加剤とそれぞれの役割を以下に示す。
・グリセリン:保湿剤
・パラオキシ安息香酸エチル:保存剤
・セタノール:乳化補助剤
・白色ワセリン:油脂性基剤
・モノステアリン酸グリセリン:乳化剤

-第99回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.