第99回薬剤師国家試験

第99回薬剤師国家試験 問192

第99回薬剤師国家試験 問192

58歳男性。体重55 kg。直腸がんの再発のため、オキサリプラチン、フルオロウラシル、レボホリナートカルシウム、薬物Xによる治療を受けた。治療開始10日頃より、顔面にざ瘡様皮膚炎が起こり、その後皮膚亀裂及び爪周囲炎が見られた。この症状は薬物Xの副作用と考えられた。薬物Xにあてはまるものはどれか。2つ選べ。

 セツキシマブ
 クリゾチニブ
 テムシロリムス
 イリノテカン硫酸塩水和物
 パニツムマブ

 

 

 

 

 

 


解答
1、5


解説
本症例では、直腸がんの再発に対して、オキサリプラチン、フルオロウラシル、レボホリナートカルシウムによるFOLFOX療法を行っている。FOLFOX療法では、分子標的薬であるベバシズマブ、セツキシマブ、パニツムマブが併用して投与されることがある。選択肢のうち、FOLFOX療法と併用されるのは、「セツキシマブ」「パニツムマブ」である。セツキシマブ、パニツムマブは共に副作用として、ざ瘡様皮膚炎、皮膚亀裂、爪周囲炎等を起こすことがある。

-第99回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.