第99回薬剤師国家試験

第99回薬剤師国家試験 問174

第99回薬剤師国家試験 問174

pKa=5.2の1価の弱酸性薬物水溶液に関する記述のうち、正しいのはどれか。1つ選べ。ただし、イオン形薬物はすべて溶解するものとする。

 pH5.2の溶液中では、分子形の薬物のみが存在する。
 pH7.2の溶液中では、イオン形薬物分率は約1%である。
 pH6.2における溶解度は、pH5.2と比較して約10倍である。
 pH7.2における溶解度は、pH5.2と比較して約50倍である。
 pH7.2における溶解度は、pH5.2と比較して約100倍である。

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
4


解説
弱酸性薬物の分子形の濃度とイオン形の濃度の比は、以下の式(Henderson−Hasselbalch式)で表される。

また、弱酸性薬物の溶解度Csは、以下の式より求めることができる。
Cs=Cs分子(1+10pH-pKa

<分子形の濃度とイオン形の濃度の比を求める>
pH=5.2

分子形:イオン形=1:1

pH=7.2

分子形:イオン形=1:100

*pH7.2におけるイオン形分率は100/101×100≒99(約99%)

<溶解度を求める>
pH5.2
Cs=Cs分子(1+105.2-5.2)=2×Cs分子

pH6.2
Cs=Cs分子(1+106.2-5.2)=11×Cs分子
*pH5.2に比べ、約5倍

pH7.2
Cs=Cs分子(1+107.2-5.2)=101×Cs分子
 *pH5.2に比べ、約50倍

これらのことから、「pH7.2における溶解度は、pH5.2と比較して約50倍である。」

-第99回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.