第99回薬剤師国家試験

第99回薬剤師国家試験 問171

第99回薬剤師国家試験 問171

薬物相互作用の回避方法に関する記述のうち、誤っているのはどれか。1つ選べ。

 セフジニルは鉄イオンとキレートを形成して溶解性が低下するため、鉄剤の併用が必要な場合には、互いの服用時間を2〜3時間ずらす。
 セントジョーンズワートは、小腸上皮細胞のCYP3A4やP−糖タンパク質の発現を誘導するので、タクロリムス水和物との併用を避ける。
 プロベネシドはアンピシリンの腎尿細管分泌を阻害するので、抗生物質を腎排泄型でないものに変更する。
 シメチジンは肝CYP3A4を阻害し、トリアゾラムの作用時間の著しい延長を引き起こすので、睡眠導入薬を非代謝型であるブロチゾラムに変更する。
 フルルビプロフェンとノルフロキサシンを併用すると痙れんを起こすことがあるので、フルルビプロフェンをアセトアミノフェンに変更する。

 

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
4


解説
1 正しい
セフジニルと鉄を併用すると、難溶性のキレートを形成することによりセフジニルの溶解性が低下し、吸収が低下することがある。そのため、セフジニルと鉄を併用する場合には、互いの服用時間を2〜3時間ずらすことにより、相互作用を回避することができる。
2 正しい
セントジョーンズワートを服用することにより、小腸上皮細胞のCYP3A4とP−糖タンパク質が誘導されるため、セントジョーンズワートとタクロリムスを併用すると、タクロリムスの吸収が低下し、血中濃度が低下する可能性がある。そのため、セントジョーンズワートとタクロリムスの併用を避けることにより、相互作用を回避することができる。
3 正しい
プロベネシドはアンチピリンの腎尿細管分泌を阻害するため、アンチピリンを腎排泄型でないものに変更することで、相互作用を回避することができる。
4 誤っている
シメチジンは肝CYP3A4を阻害するため、トリアゾラムやブロチゾラムの血中濃度を上昇させる。そのため、トリアゾラムをブロチゾラムに変更しても相互作用を回避することはできない。
5 正しい
ノルフロキサシンのGABA受容体結合阻害作用が、フルルビプロフェンとの併用により増強される。そのため、フルルビプロフェンをアセトアミノフェンに変更することにより、相互作用を回避することができる。

-第99回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.