第99回薬剤師国家試験

第99回薬剤師国家試験 問164

第99回薬剤師国家試験 問164

感染症治療薬の作用機序に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 テイコプラニンは、リボソームの50Sサブユニットに結合し、タンパク質の合成を阻害する。
 ジダノシンは、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)の逆転写酵素を阻害し、HIVの増殖を抑制する。
 テルビナフィンは、スクアレン−2,3−エポキシダーゼを阻害し、真菌細胞膜成分のエルゴステロールの生合成を阻害する。
 フルシトシンは、ラノステロールC−14脱メチル化酵素を阻害し、真菌細胞膜成分のエルゴステロールの生合成を阻害する。
 リファンピシンは、ペプチドグリカン前駆体と結合し、細胞壁の合成を阻害する。

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
2、3


解説
1 誤
テイコプラニンは、細菌細胞壁合成前駆体のペプチドC末端D−アラニルD−アラニンと結合して細胞壁合成を阻害する。
2 正
ジダノシンは、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染細胞内でリン酸化を受けてジデオキシアデノシン5−三リン酸となり、ウイルスの逆転写酵素を阻害して増殖を抑制する。
3 正
テルビナフィンは、スクアレン−2,3−エポキシダーゼの阻害し、真菌細胞膜成分のエルゴステロールの生合成を阻害することにより、抗真菌作用を示す。
4 誤
フルシトシンは真菌細胞内で5−フルオロウラシルへと変換され、さらに代謝を受けた後チミジル酸合成酵素(チミジル酸シンターゼ)を競合的に阻害し、真菌のDNA合成を阻害することにより、抗真菌作用を示す。
5 誤
リファンピシンは、細菌のDNA依存性RNAポリメラーゼを阻害し、RNA合成を阻害することにより、抗菌作用を示す。

-第99回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.