第99回薬剤師国家試験

第99回薬剤師国家試験 問160

第99回薬剤師国家試験 問160

ホルモン関連薬に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 チアマゾールは、ペルオキシダーゼを阻害し、甲状腺ホルモンの産生を抑制する。
 トリロスタンは、3β−ヒドロキシステロイド脱水素酵素を阻害し、コルチゾールの産生を促進する。
 ゴナドレリンは、副腎皮質を刺激し、糖質コルチコイドの産生を促進する。
 テルグリドは、ドパミンD2受容体を遮断し、プロラクチン遊離を抑制する。
 オキシトシンは、子宮平滑筋を収縮させ、分娩を誘発する。

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
1、5


解説
1 正
チアマゾールは、ペルオキシダーゼを阻害しチログロブリンとヨウ素の結合を阻害することにより、甲状腺ホルモンの産生を抑制する。
2 誤
トリロスタンは、コルチゾールの生合成に関わる酵素の一つである3β−ヒドロキシステロイド脱水素酵素を特異的に競合阻害し、コルチゾールの産生を抑制する。
3 誤
ゴナドレリンは性腺刺激ホルモン放出ホルモン製剤であり、下垂体前葉を刺激してゴナドトロピンを分泌促進し、性ホルモンの産生、分泌を促進する。
4 誤
テルグリドは、下垂体前葉のドパミンD2受容体を刺激し、プロラクチン遊離を抑制する。
5 正
オキシトシンは、子宮平滑筋を律動的に収縮させ、分娩を誘発する。

-第99回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.