第99回薬剤師国家試験

第99回薬剤師国家試験 問127

第99回薬剤師国家試験 問127

下表は、喫煙と疾病罹患の要因対照研究の結果を示したものである。この結果に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。ただし、交絡因子、喫煙中断者、追跡不能者はないものと仮定する。

注)1日25本以上喫煙する人を喫煙者とした。

 相対危険度が最も高い疾病は慢性気管支炎である。
 寄与危険度が最も高い疾病は虚血性心疾患である。
 オッズ比が最も高い疾病は肝硬変である。
 喫煙と疾病罹患の関連性が最も強い疾病は肺がんである。
 喫煙をやめると、罹患しなくなると想定される人数が最も多い疾病は肺がんである。

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
2、4


解説
1 誤
要因対象研究において、相対危険度は以下の式より求めることができる。
相対危険度=暴露群の発生率/非暴露群の発生率
上記の式より、各疾患の相対危険度を以下のように求めることができる。
肺がん:(414/10000)/(115/10000)=3.6
慢性気管支炎:(153/10000)/(85/10000)=1.8
虚血性心疾患:(1491/10000)/(994/10000)=1.5
肝硬変:(30/10000)/(25/10000)=1.2
よって、相対危険度が最も高い疾患は「肺がん」である。
2 正
要因対象研究において、寄与危険度は以下の式より求めることができる。
寄与危険度=暴露群の発生率-非暴露群の発生率
上記の式より、各疾患の寄与危険度を以下のように求めることができる。
肺がん:(414/10000)-(115/10000)=299/10000
慢性気管支炎:(153/10000)-(85/10000)=68/10000
虚血性心疾患:(1491/10000)-(994/10000)=497/10000
肝硬変:(30/10000)-(25/10000)=5/10000
よって、寄与危険度が最も高い疾患は「虚血性心疾患」である。
3 誤
本研究は要因対象研究であるため、オッズ比を算出することはできない。
4 正
要因と疾病の関連性の強さを判断する際には、相対危険度を用いて評価する。解説1の結果より、喫煙と疾病罹患の関連性が最も強い疾病は「肺がん」であると判断できる。
5 誤
要因をやめることで、疾患に罹患しなくなると想定される人数を比較する際、寄与危険度を比較する。解説2の結果より、喫煙をやめると、罹患しなくなると想定される人数が最も多い疾病は「虚血性心疾患」であると判断できる。

-第99回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.