第99回薬剤師国家試験

第99回薬剤師国家試験 問108

第99回薬剤師国家試験 問108

生薬に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 ハンゲはサトイモ科カラスビシャクの塊茎を用いる生薬で、消炎、利尿を目的に用いられる。
 バクモンドウはユリ科ジャノヒゲの茎を用いる生薬で、鎮咳、去痰を目的に用いられる。
 サンシシはアカネ科クチナシの果実を用いる生薬で、鎮静、利胆を目的に用いられる。
 ケイヒはクスノキ科Cinnamomum cassia Blumeの根を用いる生薬で、健胃、解熱を目的に用いられる。
 シャクヤクはボタン科シャクヤクの根を用いる生薬で、鎮痛、鎮痙を目的に用いられる。

 

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
3、5


解説
1 誤
ハンゲはサトイモ科カラスビシャクのコルク層を除いた塊茎を用いる生薬で、有効成分としてホモゲンチジン酸などを含有しており、去痰、制吐、鎮咳を目的に用いられる。
2 誤
バクモンドウはユリ科ジャノヒゲの根の膨大部を用いる生薬で、有効成分としてステロイドサポニンなどを含有しており、鎮咳、去痰を目的に用いられる。
3 正
サンシシはアカネ科クチナシの果実を用いる生薬で、有効成分としてゲニポシドやクロシンなどを含有しており、鎮静、利胆を目的に用いられる。
4 誤
ケイヒはクスノキ科Cinnamomum cassia Blumeの樹皮または周皮の一部を除いたものを用いる生薬で、有効成分としてタンニン類などを含有しており、健胃、解熱を目的に用いられる。
5 正
シャクヤクはボタン科シャクヤクの根を用いる生薬で、有効成分としてモノテルペン配糖体のペオニフロリンなどを含有しており、鎮痛、鎮痙を目的に用いられる。

-第99回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.