第98回薬剤師国家試験 問94

互いに混ざり合わない2つの液相間における分配平衡に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 溶質の分配係数は、溶け込んでいる溶質の濃度に比例して大きくなる。
 一定温度、一定圧力下での分配係数は、それぞれの液相における溶質の標準化学ポテンシャル差により決まる。
 有機相と水相を利用した親油性化合物の抽出では、誘電率の低い有機溶媒の方が抽出率は高い。
 それぞれの液相における溶質の標準化学ポテンシャルが温度に依らず一定の時、定圧下で液相の温度を上昇させると、分配係数は低下する。

 

 

 

解説
1 誤
溶質の分配係数は、水中の溶質濃度(C)に対する有機溶媒中の溶質濃度(C有機溶媒)で表される(C有機溶媒/C)。溶け込んでいる溶質の濃度が変化すると、C及びC有機溶媒は共に変化するため、溶質の分配係数は変化しない。
2 正
一定温度、一定圧力下では、有機溶媒相及び水相における標準化学ポテンシャルの差により分配係数を決定することができる。
3 正
有機相と水相を利用した親油性化合物の抽出を溶媒抽出法という。誘電率の低い有機溶媒は脂溶性が大きく、親油性化合物となじみやすいため、溶媒抽出法では、誘電率の低い有機溶媒を用いた方が抽出率は高くなる。
4 誤
それぞれの液相における溶質の標準化学ポテンシャルが温度に依らず一定の時、定圧下で液相の温度を上昇させても、各相における標準化学ポテンシャルが変化しないため、分配係数は一定である。

解答
2、3

第98回 問94 PDF

第98回 問95

1 thought on “第98回薬剤師国家試験 問94

  1. ピンバック: 第98回薬剤師国家試験 問93 | yakugaku lab

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA