第98回薬剤師国家試験 問70

SOAP形式による患者記録の作成において、A(Assessment)に記すべき内容として適切なのはどれか。1つ選べ。

 患者は、先週末より筋肉痛があると訴えている。
 2週間前に、シンバスタチンの服用を開始した。
 薬剤性の筋障害が疑われる。
 薬物アレルギーの既往はない。
 処方医に、シンバスタチンの中止を提案する。

 

 

 


解説

SOAP形式とは、薬歴の経過記録の方法であり、S(Subjuctive:主訴や患者の訴えなどの主観的情報)、O(Objective:理学的所見などの客観的情報)、A(Assessment:評価、分析など)、P(Plan:検査や治療の指針、今後の治療計画など)にわけて患者情報を記載する。
1 誤
患者の訴えに該当するため、Sに記載する。
2 誤
薬歴で「2週間前に、シンバスタチンの服用を開始したこと」を確認した場合、Oに記載する。
3 正
4 誤
薬歴で「薬物アレルギーの既往はないこと」を確認した場合、Oに記載する。
5 誤
処方医に対する提案については、Pに記載する。


解答

3

第98回 問70 PDF

第98回 問71

1 thought on “第98回薬剤師国家試験 問70

  1. ピンバック: 第98回薬剤師国家試験 問69 | yakugaku lab

コメントは停止中です。