第98回薬剤師国家試験 問59

尿路結石に関する記述のうち、誤っているのはどれか。1つ選べ。

 腎結石、尿管結石、膀胱結石及び尿道結石に分類される。
 主症状は、疼痛と血尿である。
 結石が膀胱に落下すると、痛みは消失する。
 自然排石は、まれである。
 超音波検査により診断できる。

 

 

 


解説

1 正しい
尿路結石は、上部尿路結石(腎結石、尿管結石)と下部尿路結石(膀胱結石、尿道結石)に分類されている。
2 正しい
尿路結石では、尿細管に結石がつまることにより、激しい疼痛が生じ、また、結石により尿細管が傷つくことにより、血尿が観測されることがある。
3 正しい
結石が尿細管から膀胱に移行すると、痛みは消失し、頻尿などの症状を呈する。
4 誤っている
約10 mm以下の小結石は、自然排石されやすい。
5 正しい
尿路結石の診断法として、尿検査、腹部単純X線、超音波検査で診断を行う。


解答

4

第98回 問59 PDF

第98回 問60

1 thought on “第98回薬剤師国家試験 問59

  1. ピンバック: 第98回薬剤師国家試験 問58 | yakugaku lab

コメントは停止中です。