第98回薬剤師国家試験 問340

薬剤管理指導業務に関する記述のうち、不適切なのはどれか。1つ選べ。

 対象患者ごとに指導記録を作成した。
 患者の訴えや自覚症状を傾聴し、副作用の早期発見に努めた。
 小児に対して直接指導ができないと判断し、母親に服薬指導を行った。
 対象患者に使用される全ての薬剤について、薬学的管理指導を行った。
 施設に勤務している薬剤師は1名であったが、薬学的管理指導を行い薬剤管理指導料を算定した。

 

 

 

解説
1 正しい
当該保険医療機関内の薬剤師は、入院中の患者ごとに薬剤管理指導記録を作成し、使用される全ての薬剤の投薬又は注射に際して必要な薬学的管理指導を行い、必要事項を記入するとともに、当該記録に基づく適切な患者指導を行う必要がある。
2 正しい
当該保険医療機関内の薬剤師は、過去の投薬・注射及び副作用発現状況等を患者又はその家族から聴取し、副作用の早期発見に努める必要がある。
3 正しい
小児及び精神障害者等に対して、直接指導できないと判断した場合は、その家族に対して服薬指導等を行う。
4 正しい
解説1参照
5 誤っている
薬学的管理指導を行い、薬剤管理指導料を算定するためには、2名以上の薬剤師が施設に勤務していなければならない。

解答
5

第98回 問340 PDF

第98回 問341

1 thought on “第98回薬剤師国家試験 問340

  1. ピンバック: 第98回薬剤師国家試験 問339 | yakugaku lab

コメントは停止中です。