第98回薬剤師国家試験 問268〜269

80歳女性。体重65 kg。うっ血性心不全、高血圧症、慢性腎不全と診断され、以下の薬剤を服用していた。アレルギー歴、肝機能障害、副作用歴なし。
昨日、食欲不振と不整脈等の体調変化が認められ、救急救命センターに運ばれた。

ジゴキシン錠0.25 mg
フロセミド錠40 mg
スピロノラクトン錠25 mg
デノパミン錠5 mg
バルサルタン錠40 mg


問268 (実務)
診察した医師はジギタリス中毒を疑い、薬剤師に情報提供を求めた。ジギタリス中毒に関する内容として、誤っているのはどれか。1つ選べ。

 消化器症状として食欲不振、悪心がある。
 視覚異常として黄視・複視がある。
 血漿中ジゴキシン濃度(トラフ値)が2 ng/mLを超えると、中毒症状の発現頻度が高くなる。
 肝機能障害のある患者では中毒症状を起こしやすい。
 一般に、ジゴキシン除去を目的とした血液透析は無効である。

 

 

 


解説

1 正しい
ジギタリス中毒では、不整脈(高度の徐脈、発作性心房性頻拍等)、食欲不振、悪心・嘔吐、下痢、視覚異常(黄視、緑視、複視等)などの症状が現れることがある。
2 正しい
解説1参照
3 正しい
ジゴキシンの有効血中濃度は0.5〜1.5 ng/mLとされており、また、中毒域は2.0 ng/mL以上とされている。
4 誤っている
ジゴキシンは腎消失型薬物であり、腎機能障害のある患者では血中濃度が増加し中毒症状を起こしやすい。なお、肝機能障害のある患者は腎機能障害患者に比べ、中毒症状を起こすことは少ない。
5 正しい
ジゴキシンを過量投与した場合の対応として、血液透析は一般に無効であるとされている。


解答

4


問269 (薬剤)
この患者で推定される薬物の体内分布に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 高齢であるため体脂肪率が増加しており、脂溶性の高い薬物の脂肪組織への蓄積が生じやすい。
 高齢であるため血清中のα1−酸性糖タンパク質濃度が低下しており、塩基性薬物の非結合型分率が上昇している。
 心不全により血流が増大しており、薬物の分布容積の増大が起こりやすい。
 慢性腎不全により血漿中のアルブミン濃度が低下しており、酸性薬物の非結合形分率が上昇している。

 

 

 


解説

1 正
高齢者では体脂肪率が増加しているため、脂溶性の高い薬物は脂肪組織に蓄積しやすい。
2 誤
高齢者では血清中のα1−酸性糖タンパク質濃度が増加しているため、α1−酸性糖タンパクと結合する塩基性薬物の非結合型分率が減少している。
3 誤
心不全患者では各組織への血流量が減少しているため、薬物の組織移行性が低下する。よって、心不全患者では薬物の分布容積の減少が起こりやすい。
4 正
慢性腎不全患者では、血漿中アルブミンが糸球体ろ過により排泄されるため、血漿中のアルブミン濃度が低下している。よって、慢性腎不全患者では、アルブミンと結合する酸性薬物の非結合分率が上昇している。


解答

1、4

第98回 問268〜269 PDF

第98回 問270〜271

1 thought on “第98回薬剤師国家試験 問268〜269

  1. ピンバック: 第98回薬剤師国家試験 問266〜267 | yakugaku lab

コメントは停止中です。