第98回薬剤師国家試験 問234〜235

第98回薬剤師国家試験 問234〜235

42歳女性。健康診断(人間ドック)で眼底出血を指摘され、薬局の薬剤師に相談した。


問234 (実務)
対応した薬剤師は、過去に患者が定期的な健康診断を受けていなかったこと、及び生活習慣病との関連性を疑わせるような生活背景が聴き取れたので、内科への受診勧奨をすることにした。その時に直接的な原因として想定しておくべき生活習慣病はどれか。優先順位の高いものを2つ選べ。

 脂質異常症
 肥満症
 糖尿病
 高尿酸血症
 高血圧症

 

 

 

 

 

 


解答
3、5


解説
眼底出血とは、眼底の網膜に起こる出血のことであり、その原因は、高血圧、糖尿病、動脈硬化、外傷などがあげられる。


問235 (衛生)
特定健康診査及び特定保健指導に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 特定健康診査は、メタボリックシンドロームに着目したものである。
 特定健康診査の結果、腹囲、血圧、脂質検査、血糖検査などの基本項目が、1つでも正常値から外れると、特定保健指導の対象者となる。
 特定保健指導には、リスクの程度に応じて、動機付け支援、積極的支援がある。
 特定健康診査は、三次予防に重点を置いている。

 

 

 

 

 


解答
1、3


解答
1 正
特定健康診査は、内臓脂肪型肥満を基本とするメタボリックシンドローム(内臓脂肪型症候群)に着目したものである。
2 誤
特定保健指導の対象者は以下のように階層化されている。

3 正
解説2参照
4 誤
特定健康診査は、三次予防には該当しない。特定健康診査は生活習慣病の発症を予防する一次予防に該当する。

第98回薬剤師国家試験 問234〜235” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。