第98回薬剤師国家試験 問192

第98回薬剤師国家試験 問192

薬物治療の効果判定の統計処理に用いられるTukey法に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 すべての群の同時対比較を行う検定方法である。
 1つの対照群と2つ以上の処理群を比較検定する方法である。
 分散が等しくないデータの比較検定に適している。
 正規分布に従わないデータの比較検定に適している。
 パラメトリックなデータの比較検定に適している。

 

 

 

 

 

 

 


解答
1、5


解説
1 正
本法は、多群を比較する際、すべてのペアにおける比較(同時対比較)を行えるようにした方法である。例えば、A、B、Cの3群を比較する場合、A−B、A−C、B−Cのようにすべてのペア比較を行えるようにした方法である。
2 誤
1つの対照群と2つ以上の処理群を比較検定する方法は、Dunnett法である。Dunnett法は、多群の1つの群を基準として、その他の群とのペア比較を行えるようにした方法である。例えば、A、B、Cを比較する場合、Aを基準としてA−B、A−Cの比較を行えるようにした方法である。
3 誤
本法は、等分散性、正規性を示すデータ(パラメトリックなデータ)の比較検定に用いられる。
4 誤
解説3参照
5 正
解説3参照

第98回薬剤師国家試験 問192” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。