第98回薬剤師国家試験 問150

第98回薬剤師国家試験 問150

薬剤師が患者に応対するときのコミュニケーション技法又は態度についての説明のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 開いた質問の利点として、必要な情報を限られた時間で効率よく得られることがあげられる。
 共感的態度とは、患者が感じていることを、薬剤師ができる限り同じように感じようとする態度である。
 パターナリズムに基づく医療では、十分な説明を受けた患者の意思が医療の方針に反映される。
 アサーションを用いた表現法では、患者の権利や主張を考慮に入れながら、薬剤師が主張したいことを伝える。

 

 

 

 

 


解答
2、4


解説
1 誤
開いた質問とは、患者が自由に回答できる質問方法であり、その利点として、一度に多くの情報を得ることができることがあげられる。なお、設問の内容は、閉じた質問の利点についての記述である。
2 正
共感的態度とは、薬剤師が患者の感情を共有し、患者と同じように感じようとする態度のことである。
3 誤
パターナリズムとは、強い立場にある者(医療者)が、弱い立場(患者)にある者の利益になるように、本人の意思に反して行動に介入・干渉することである。よって、パターナリズムに基づく医療では、十分な説明を受けた患者の意思が医療の方針に反映されない。
4 正
アサーションとは、自分の意見も相手の意見も大切にする自己表現のことである。アサーションを用いた表現法では、患者のことも考慮に入れながら、薬剤師の主張したいことも伝える。

第98回薬剤師国家試験 問150” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。