第98回薬剤師国家試験 問137

大気中窒素酸化物の定量法であるザルツマン法に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 ザルツマン法を用いた自動測定器による連続自動測定法は、環境基準の測定法として用いられている。
 サーマルNOxとフューエルNOxを分別定量することができる。
 酸化剤として硫酸酸性の過マンガン酸カリウム溶液が用いられる。
 ザルツマン試薬は、NOとNO2の両方と反応する。

 

 

 


解説

ザルツマン法は、NO2を含む試料空気をザルツマン試薬(N−1−ナフチルエチレンジアミン二塩酸塩、スルファニル酸および酢酸の混合溶液)に通じると、ジアゾ化反応が起こり、液が橙赤色を呈することを利用したNO2濃度の測定方法である。
1 正
大気中のNO2などの窒素酸化物を規制する環境基準の測定法として、ザルツマン法を用いた自動測定器による連続自動測定法が用いられている。
2 誤
ザルツマン法では、NOとNO2を分別定量することはできるが、サーマルNOxとフューエルNOxを分別定量することはできない。
・サーマルNOx:高温燃焼に起因する大気中の窒素の酸化により生成する窒素酸化物
・フューエルNOx:燃料中の窒素化合物の酸化により生成する窒素酸化物
3 正
大気中のNOを測定するために、酸化剤として硫酸酸性の過マンガン酸カリウム溶液を用いる。
4 誤
ザルツマン試薬は、大気中のNO2と反応することができるが、NOとは反応しない。


解答

1、3

第98回 問137 PDF

第98回 問138

1 thought on “第98回薬剤師国家試験 問137

  1. ピンバック: 第98回薬剤師国家試験 問136 | yakugaku lab

コメントは停止中です。